facebook

“困りごとを解決して
 悩みを解消したい”

ベンリー

田藤 裕紀

Hironori Tato

ベンリーフレンド下野店スタッフ

他のインタビューを見る

RECRUIT INTERVIEW

フレンドに入社を決めたきっかけは何ですか?

ちょうど転職を考えていた時にベンリー事業を始めるオープニングスタッフを募集している求人を見かけ、以前から便利屋という仕事に興味があった事もあり呼ばれている感じがして、これはと思い飛び込みました。
転職を決断した時に、自分のやりたい事、出来る事などいろいろ考え悩みましたが、もともと物を作ったりする事が好きなので技術的な事は問題ないだろうという自信もありました。
ただ、前職が技術職だった為、お客様とのコミュニケーションに不安に思う点もありましたが、何とかなるだろうと何もしないで後悔するよりも、やってみて失敗した方が良いと思い、思い切ってチャレンジすることを決断し入社に至りました。
スタッフ全員が同じゼロからのスタートなので年齢や上下関係を気にせずに始められるのも良いと思い決めました。

仕事をしていて大事にしている事は何ですか?

慣れてきても自己流にならないように研修で学んだ事を常に意識して初心を忘れずしっかりと困りごとを聞き取り、お客様1人1人、丁寧な作業を行い満足して頂ける様に一生懸命に作業することを心掛けています。
ベンリーの行動基準として“いっしょうけんめい”の文言が店舗に掲げられているので常に意識しています。
また困り事が出来たら頼みたいと思ってもらえる様な安心していただける落ち着いた対応、正確な作業を行うようにしています。

プロフィール:木村 知也

Profile

田藤 裕紀
Hironori Tato

  • 入社歴年数 / 2年
  • 資格
  • ・第二種電気工事士免状取得
  • ・丙種危険物取扱者免状取得
  • ・刈払機取扱いに対する安全衛生教育修了
  • ・新伐木・チェーンソー(安衛則第36条8)特別教育修了
  • ・自由研削用砥石の取替特別教育修了
  • ・小型車両系(整地等)(3トン未満)特別教育修了
  • ・フルハーネス型墜落制止用器具特別教育修了
RICRUIT INTERVIEW

フレンドに入社して驚いた事は?

今まで自分の生活と関わりが無く介護施設の前を生活道路として使っていても気付かずにいましたが、フレンドの介護施設、薬局が栃木県を中心に多くあること、自分の生活圏内にもあった事に驚きました。
また、役職者との距離が近く、何かあればすぐ相談できる関係にも驚きました。
ベンリーという仕事がら介護施設や薬局の店舗に作業に行くと皆さんが優しく迎えてくれるのでワンチームのように感じられ、役職者との関わりも含め、前職の職場との違いに驚きを感じています。

フレンドに入社してよかった、
やりがいがあると感じたことは?

お客様の困りごとを解決した時、ありがとうと喜んでいただけるのでやりがいを感じています。
また、作業に対してお客様の視点での評価になるので妥協が出来ない分、プレッシャーにもなりますが、その場で良し悪しが出るので緊張感を持って取り組めているのでやりがいがあります。
店長を含め、社員はオープンからのメンバーなので、気がねなく相談しあえるので働きやすい環境です。

5年、10年後の目標は?

個人としては、技術、知識を増やし何ごとにもプロフェッショナルな対応が出来るようになっていたいです。
また、店舗としては、もっと多くのお客様にベンリーフレンド下野店を知って頂き、ベンリーに頼めば大丈夫と安心して依頼していただける、なくてはならない存在になりたいです。

休日の過ごし方は?

ホームセンターに行って今後の作業に使えるものはないか探しています。
それと本屋さんに行って雑誌の立ち読みをしてます。年に何回か家族と休みを合わせてディズニーランドや旅行に行ったりしています。

フレンドの魅力を一言で表すと何ですか?

フレンドリーですね。
医療福祉に携わっている会社だからなのか皆さん優しいです。

これから入社してくる後輩にメッセージを!

ベンリーの仕事は覚えることがたくさんあって大変なところもありますが、自分で出来ることが増えるので、得られることが多い仕事です。
直接お客様と係われる仕事なので満足いただける作業をすれば、喜んで頂けるし、ミスをすれば苦情を言われるので常にベストを尽くす必要があるので大変ですがやりがいはあります。
また、チームワークの良い働きやすい職場です。

1日の過ごし方について教えてください。

1日の過ごし方

エントリーはこちら